1次方程式:5.1次方程式の活用

1次方程式の活用

1次方程式:5.1次方程式の活用

さて、実生活のなかのどんな場面で1次方程式を使うか考えてみましょう。

例えば、袋入りのりんごが何種類か売っていた時、どのりんごが安いですか?

考え方によって高い、安いは変わってきますよね。大事なのは「自分にとってなにが必要なのか?」です。

ただし、りんご1個あたりの金額がわかることでどの袋を買えばいいかが少し見えてきます。

実生活のなかで、1次方程式は「1個だけわからない数字があるとき」にその数字を求めることができるんです!

“Read More”
一次式の計算

文字式:7.1次式の計算

一次式が「式における文字の最高次数が1の文字式」というのがわかりました。

では次にその計算方法です。

“Read More”
単位

単位について

単位について

結構理解されていないのが「単位」です。そもそも単位ってなんだ?

“Read More”

四則計算

正負の数:9.四則計算について

四則計算は数学においての決まり事で一番大事なことです。

四則計算とは?

加法(+)減法(ー)乗法(✕)除法(÷)が混じった計算を「四則計算」といいます。

例題1: 4+6÷3ー2✕3=?

四則計算のルール

四則計算には絶対的なルールがあります。その計算式を見たときに誰でもが同じ答えを出せるようにするためのルールです。なのでこの四則計算のルールは絶対に覚えましょう!

“Read More”
計算おさらい

正負の数:計算おさらい

基本

    • +は方向が変わらず、-は方向転換するのが基本です。
      −5=(−1)×5です。−(−5)は(−1)×(−1)×5=5です。
    • 計算の順番は「四則計算」が基本です。
      • 足し算と引き算は順番を変えてもokです。
      • 掛け算とわり算は順番を変えてもokです。
    • 1/3=1×(1/3)=1÷3です。 ⇔ 1÷3=1×(1/3)=1/3です。(わり算は逆数の掛け算!)
    • 分数の足し算・引き算は分母を通分。
      1/3+1/2=2/6+3/6=(2+3)/6=5/6
    • 分数の掛け算・わり算は分子同士、分母同士をかけて、約分。
      2/3×9/10=(2×9)/(3×10)=3/5
“Read More”

カテゴリー