1次方程式:1.等式と不等式

1次方程式:1.等式と不等式

文字式」で学んだ「わからない数」を使って作る式。

はて、この式って何のために作ったんだろうか?

じゃ、まずは実践で考えてみようかな。

安いりんごが買いたい!

買い物をするならできるだけ安く買いたいですよね。(もちろん、安ければ良いわけではないですが。)

産地も大きさも鮮度も同じりんごがあったとしましょう。源三郎くんはなるべく安くりんごを買いたいと思っています。

安いりんごを買いたい源三郎くん

例1)等号と不等号

上の問題だと、全部りんごが5個だから当然「店3」のりんごが一番やすいですよね?

では。

例2)等号と不等号

上の問題だと、「店1」のりんごが一番安い(80円/個)ですね!

りんごがいくつ買えるか知りたい!

例3式の値 問題

以前もここの問題で使いました、最高級りんごの問題です。

さて、りんごをx個買うとき、

  1. りんごx個の値段
  2. 箱の購入値段

の2つを足したものが全部の値段ですね。だからその購入金額の式は

源三郎くんが支払う金額 30,000+35,000x

 

お小遣いが1,500,000円です。だからりんごをx個買うとすると

りんごと箱の購入金額 30,000+35,000x円が1,500,000円より小さかったら良いですね!

30,000+35000x<1,500,000(円)

と言う式が成り立ちます。これを計算すると、りんごは42個買うことができます。

等号と不等号

さて、ここまできて今更ですが「等号と不等号」です。おさらいですね。

等号とは?・・・式の右辺と左辺の値が同じ時に右辺と左辺をつなぐ記号

不等号とは?・・・式の右辺と左辺が同じではない時、大小関係を表す記号

です。上の説明が、実は当たり前だけどとても重要です。

 

ということで次は方程式に行きましょう!

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。