正負の数:計算おさらい

計算おさらい

正負の数:計算おさらい

基本

    • +は方向が変わらず、-は方向転換するのが基本です。
      −5=(−1)×5です。−(−5)は(−1)×(−1)×5=5です。
    • 計算の順番は「四則計算」が基本です。
      • 足し算と引き算は順番を変えてもokです。
      • 掛け算とわり算は順番を変えてもokです。
    • 1/3=1×(1/3)=1÷3です。 ⇔ 1÷3=1×(1/3)=1/3です。(わり算は逆数の掛け算!)
    • 分数の足し算・引き算は分母を通分。
      1/3+1/2=2/6+3/6=(2+3)/6=5/6
    • 分数の掛け算・わり算は分子同士、分母同士をかけて、約分。
      2/3×9/10=(2×9)/(3×10)=3/5

足し算

+と+の足し算

5+5=(+5)+(+5)=10(+と+は方向転換なし)

+とーの足し算

5+(−5)=5−5=0、−5+5=5−5=0

引き算

+と+の引き算

5−5=5+(−5)=0

+とーの引き算

5−(−5)=5+(−1)×(−5)=5+5=10
−と−で+に変わります。

掛け算

+と+の掛け算

5×5=25

+と−の掛け算

5×(−5)=5×(−1)×5=(−1)×5×5=(−1)×25=−25

わり算

+と+のわり算

5÷5=5×(1/5)=1
5でわることは、5の逆数をかけるのと同じことです。

+と−のわり算

5÷(−5)=5×(−1/5)=−1×5×(1/5)=−1

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。