比例と反比例:4.座標と比例のグラフ

座標とグラフ

比例と反比例:4.座標と比例のグラフ

比例で重要な「座標」と「比例のグラフ」について学びましょう。

座標ってなんだ?

座標とグラフ

平面において、直角に交わる2本の数直線を考えます。

横軸(又は縦軸)をx軸、縦軸(または横軸)をy軸とおいた時、その交点を原点といいます。

また、平面のなかの点の位置を「座標」といいます。座標はx軸、y軸からそれぞれ垂直に線をひいたときの交点の数値のことです。上のグラフの点Aはx軸の値が4、y軸の値が2なので座標は(4,2)とあらわします。

よって原点の座標は(0,0)です。

比例のグラフってなんだ?

さて、比例の式は「y=ax(a≠0)」があったときに、xの点に対応するyの点の集まりが比例のグラフになります。

aは比例定数ですね。

a=1/2、xの変域をすべての数とした時、xにある数を代入してみると

  • x=0のときy=0
  • x=2のときy=1
  • x=4のときy=2
  • x=6のときy=3
  • x=8のときy=4

となり、上の図のグラフとなるんです。

 

わかりましたか?

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。