文字式:3.文字式で表す数量

文字式であらわす数字

文字式:3.文字式で表す数量

Tags :

積や商、累乗の表し方を使って、文字式でいろいろな数量を表すことができます。

って書かれても、いまいちピンときませんよね。私もよくわかりません。

ってことで実践で考えるのが一番!

「りんごの数」と「はこの数」と「箱の中のりんごの数」

りんごの数と箱の数と箱の中のりんごの数

上の図を文字式で表します。

りんごの総数をa、りんごの箱あたりの数をb、箱の数をcとすると

a=b×c

が成り立ちます。

りんごの総数がわからない時、

a=5(一箱あたりのりんごの数)×6(箱の数)

となりますね。

 

つぎに箱の数がわからない時、

30=5×b ⇨ b=30÷5

となりますね

 

最後にりんごの箱あたりの数がわからない時

30=c×6 ⇨ c=30÷6

となりますね。

速さってなんだ?

速さと道のりと時間も、上のりんごの例と同様な関係性があります。

例)速さと道のりと時間の関係

  • (速さ)=(道のり)÷(時間)
  • (道のり)=(速さ)×(時間)
  • (時間)=(道のり)÷(速さ)

速さと言うのは1時間(単位について時間と言います。)に進む距離のことですね。

道のりは、一定の速さ(単位時間あたりに進む距離)でどれくらいの時間走ったかでわかりますね。

日常生活にあふれている、単位あたりの文字式

他にも、お肉屋さんやスーパー「◯◯円/100グラム」というのを見たことがあると思います。これは

このお肉は100グラムで◯◯円です。

って意味ですね。お買い物している人たちがスーパーでお肉を見ているのは、もちろんお肉が新鮮?などを見ていますが、この表示をよく見ているんですね!

身の回りの文字式をどんどん見つけていくことが、文字式の理解の一番の近道です。

 

 

わかりましたか?

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。