単位について

単位

単位について

単位について

結構理解されていないのが「単位」です。そもそも単位ってなんだ?

単位がないとどうなる?

例)家から学校までの直線距離は10です。・・・・???

上の(例)で、距離が「10」と書いています。さて、家から学校までは遠いの?近いの?

家から学校までの直線距離は10cmです。

家から学校まで10cm。近!

家から学校までの直線距離は10です。

家から学校まで10m。これも近!

家から学校まで直線距離は10kmです。

家から学校まで10km。うっわ、遠!

単位は「ものの量や大きさ」を表す基準の量のことです

上で書いたように「10」と言ってもいろいろあります。そう、「単位」がないと基準がわからないのです。長さと重さでは単位が違いますね。

  • 長さは「m(メートル)」とか「km(キロメートル)」とか。
  • 重さは「g(グラム)」だったり「kg(キログラム)」だったり。
  • 時間は「s(秒)」だったり「h(時間)」などなど。

この決まりごとがを「皆が共有」しているから、皆が「あーこれぐらいの距離ね?」とか「これぐらいの重さね!」とかがわかるんですね。

【蛇足】
ちなみに世界の殆どの国が「メートル法」を採用していて、日本もこれを採用しています。これを単位系といいます。詳しくはそれぞれ調べてね!

単位の書き方

長さ、重さ、時間の単位は上に書いたようなものがあります。

では時速はどうでしょう。

時速は「時間あたりに進む距離」

時速は(km/h)と書きます。これは「1時間(h)あたりに進む距離(km)」を表しています。

単位

上の図を計算式になおすと

4(km/h)×2(h)=8km となります。

わかりましたか?

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。